2017年11月26日

猫が嫌いな人を自宅に招く方法は?アレルギー持ち来客への対処方は?

数ヶ月前にめでたく新居を手に入れた猫好きのあなた。

お祝いに職場の人達が訪問してくれることになりました

 

でも!

もし、同僚の中に「猫嫌い」「猫アレルギー」の人がいたら、あなたはどうしますか?

この記事では、「猫が嫌いな人」や「猫アレルギー」の来客への対処方をご紹介します!

猫が嫌いな人は世の中にたくさんいる

スポンサーリンク

まず先にお伝えしたいのは、あなたは猫が大好きでも、「猫が大嫌い」な人はごまんと居るということ。

猫が大好きな人には全く理解できないかもしれませんが、逆に猫が嫌いな人にとっては猫好きの気持ちは分からないのです。

 

しかし、一口に「猫が嫌い」と言っても、嫌いの程度は人によって様々です。

その嫌いの程度によって自宅へ招く方法も変わってきますので、1つずつ見ていきましょう。

自宅に招く前に、必ず「猫を飼っていること」を伝える

ここが一番肝心です!

猫が大嫌いな人からすれば、いきなり他人の家に行って「猫が居た」というのは拷問のようなもの

しかし先に猫が居ることを知っていれば対処する方法も選べますし、トラブルを避けることができます。

一緒の空間に猫が居るのも嫌!という人は自宅に呼ばないのがベター

「猫を飼っている」と教えた時、相手の反応を見ればだいたいの程度は分かると思います。

心底猫が大嫌いという人なら、おそらく自分からあなたの自宅への訪問は断るでしょう

 

でも、実はその時に断ってくれるというのは有難いことなんです!

自宅に来てから目の前で「猫なんか大嫌い!」と言われたらどう思いますか?

嫌な物を目の前にすると、人間はつい強い態度やキツい言葉を発してしまうものなのです。

 

お互いに気まずい思いをするくらいなら、事前に断ってもらった方が良いでしょう。

家に招待する時も「断りやすい空気」を作ってあげるのも思いやりですね。

猫が見えなければ大丈夫という人のために、ケージを準備する

猫嫌いの中にも、「好きな人の気持ちは理解できる」という人はたくさん居ます。

その程度の人であれば、もしかしたら訪問を断らないかもしれません。

 

しかし、猫は自由気ままに動く動物ですから、訪問中に猫を離しておくのは避けましょう

猫は何故か猫嫌いの人に寄っていくことが多いので、そうなると相手に迷惑ですよね?

 

どうすれば良いかというと、来客中はできれば猫部屋に隔離し、ケージに入れるのがベスト。

多少は鳴くかもしれませんが、触られることに比べれば鳴き声の方がマシだと思います。

隔離する部屋をできるだけ遠くにしておくか、ドアがある部屋ならたいてい鳴き声は聞こえません。

ケージに入れる時は、お気に入りの毛布おやつなどを入れておけば2,3時間なら十分でしょう。

猫アレルギーと猫嫌いは別として考える

スポンサーリンク

さきほどは「猫が嫌いな人」への対応を見てきました。

今度は「猫アレルギー」の来客への対処方ですが、猫アレルギーは単なる猫嫌いとは異なります

鼻水や目が痒くなるなど一般的な症状から、呼吸困難になるまで症状の重さは様々

それでは、どのように対処すれば良いのか詳しく見ていきましょう。

いきなり「猫が居るから家に来ないでね。」では、人間関係が危ない!?

猫アレルギー持ちの人にとって猫が危険な存在であることは、おそらく多くの人が知っていると思います。

だからといって、自分から「あなたは猫アレルギーだからうちに来ないで!」と言ったら、相手はどう感じるでしょうか?

 

誘われること自体が嬉しいという人も居ることでしょう。

「来ないで」と言われたら疎外感を抱いたり、思いやりのない人だと思われるかもしれません。

 

もし予め同僚が猫アレルギーだと知っていても、「どうする?」と聞いてあげることが大切ですね。

自宅に来るか来ないか、猫アレルギー持ちの本人の意思が大事

猫アレルギーでも、猫が大好きという人も多く居ます。

もし本人が望むのであれば、自宅に招くのは悪い事ではありません。

中には「猫によっては症状が出ない」という人も居ますし、本人の意思をまず大事にしてあげましょう。

家の掃除はできる限り念入りにしておく

もし猫アレルギーの人が訪問することになったら、できる限りのアレルギー対策はしておきましょう。

以下の様な対策が考えられます。

  • 猫のふけや抜け毛を落とす(シャワー、猫用ウェットティッシュ、ブラシなど)
  • 猫トイレの砂を全部替える
  • 掃除機をかけるだけでなく、床と壁を雑巾がけする
  • カーテン洗濯する
  • 換気扇を付けっぱなしにする

全部行うのは難しいかもしれませんが、最低限、掃除機と雑巾がけはやっておいた方が良いですね。

猫嫌いの人と、自宅の外で会うことも考えよう

今までは猫嫌いの人、猫アレルギーの人を自宅に招く方法をご紹介してきました。

さて、もし自宅に来ることを拒否した人にはどう対応すれば良いのでしょうか?

 

猫が嫌いでもあなたの事は大好き、なんて人が居るかもしれません。

そんな時は、自宅の外で会う機会を設けることは大事だと思います。

 

自分の猫だけでなく、やはり人間関係も大切にしていきたいものですね。

まとめ

いかがでしたか?

猫が嫌いな人の気持ちを理解する必要はないですが、「思いやり」の心は忘れないようにしたいですね(*^_^*)

 

 

スポンサーリンク