保護猫を飼うと、「人見知り」の猫だったということはありませんか?

自分には懐いてくれるのに、来客があると隠れてしまう、時には威嚇するなんてことも・・・。

猫はどうして人見知りするのでしょうか?また直す方法はるのでしょうか?

 

この記事では、大事なお客様と愛猫が仲良くできるようになる方法を解説します!

猫が人見知りする原因と直す方法は?

スポンサーリンク

 

あなたは、どうして猫が「人見知り」をするか知っていますか?

猫の人見知りを克服するには、その原因を知ることがまず第一歩です!

猫はどうして人見知りするの?しない猫との違いは?

猫は元々単独行動をする生き物。野生本能から自分の縄張りを持ち、守ろうとします。

これは完全室内飼いの猫も同じなんです。

 

普段は慣れた家に慣れた人間(飼い主)しか居ないので、一見人懐っこい猫に見えることがあります。

しかし見慣れない来客があると、物陰に逃げるだけでなく、時には攻撃することもあります。

このような行動を、人間と同じように「人見知り」と呼んでいるのです。

 

子猫のうちから家で飼い始めれば人間に慣れる可能性は高くなりますが、里親猫の場合は警戒心が強くなります。

 

また、子猫のうちは人懐っこかったのに、成猫になってから人見知りになってしまった猫も多くいます。

 

いずれにしても、人見知りする原因は「人間に慣れていない」というのが一番でしょう。

普段、家族以外の人の出入りが少ない家ほど、飼い猫が人見知りになることが多いようです。

猫の人見知りを克服する方法はある?

一度人見知りになってしまった猫は人見知りを克服することはできるのでしょうか?

ここではその手順を解説していきます!

 

そもそも、猫の人見知りを直す必要があるの?

人見知りをする猫が多いのは事実ですが、「猫はそんなもの」と諦めるのは残念なことです。

猫の人見知りを克服することは色々なメリットがあるのです。

たとえば、

  • ペットシッターを頼む時やペットホテルに預ける時
  • 動物病院に行く時
  • 親戚や友人が泊まりに来た時

人慣れしていれば、あらゆる場面で猫のストレスを軽減することができるんです。

 

猫の人見知りを直す方法は?

本来なら子猫のうちから人間とよく遊ぶことが一番有効ですが、里親猫の場合はそうもいきませんよね。

大人になってから人見知りを「完全に」直すのはなかなか難しいことです。

 

しかし全く不可能というわけではありません。

とにかく人間に慣れてもらうことが大事ですが、具体的にどうすれば良いのでしょうか?

 

そればずばり、おやつを使うことです!

おやつを使った人見知り克服方には、仲の良いお友達などに協力してもらって下さい。

手順は次の通りです。

【1】来客時に猫が隠れる場所を用意しておく

【2】猫が隠れた場所に居たら、飼い主がおやつを持って行き食べさせてみる

【3】【2】でおやつを食べないならお客様に一旦帰ってもらう

【4】来客中におやつが食べられるようになるまで繰り返す

【5】猫がお客様に自分から近付いてきたらまず飼い主がおやつをあげる

【6】猫が落ち着いていたら、お客様からおやつをあげる、ただし床に置く

【7】【6】でおやつを食べたら、お客様の人差し指猫の鼻に近づけてみる

★ニャンポイント

・お客様には上記の手順をしっかりと説明しておきましょう

・猫のことはじろじろ見ない触らない静かに行動することをお願いしましょう

 

人間は怖くないんだよ!ということが猫に分かってもらえれば、時間はかかっても人見知りは克服できるはずですよ^^

来客時、猫が隠れたり威嚇する時の対策は? 

スポンサーリンク

これまで、猫の人見知りを克服するための方法を見てきましたが、猫によってはかなり時間がかかることもあります。

そんな時の対処方をまとめてみました。

来客時に猫が隠れるのは恐怖心があるから

来客時に猫が隠れてしまうのは、その状況が怖いからなんです。

ですから、人見知りを克服するまでの間は出来るだけ安心して過ごしてもらえる環境を用意しましょう。

★来客時のポイント

・猫の逃げ場を確保する(段ボール箱やソファーなど)

・無理矢理お客様に引き合わせようとしない

大声を出さないようにお願いする

無関心を装ってもらう

・小さい子どもがいたら、騒がないように注意する

もし猫がお客様を威嚇してしまったら?

実は私も経験があることなのですが、

姉の友人宅にお邪魔したとき、飼い猫三匹のうち一匹に「威嚇」されてしまいました。

何故威嚇されてしまったのか、その時の私の行動は次のようなものです。

  • 慣れないうちから目を合わせてじろじろ見てしまった
  • 猫が離れて警戒しているうちに近付いて撫でようとした

 

猫は「知らない相手が自分の縄張りに入る」ことや、「しつこく構われる」のが大嫌い。

つまり、逆のことをすれば嫌われることもないし、威嚇されることもありません。

たとえ猫好きのお客様だったとしても、いきなり猫に近付かないように一言注意してあげて下さいね。

 

万が一、猫が「シャー」っと怒ったら、その場を離れるのが一番です。

自分の愛猫がお客様を引っ掻くような事になれば気まずいですし、そうなる事がないように猫の気持ちを大事にしてあげましょう!

まとめ

 

 

いかがでしたか?

猫の人見知りを直すことは難しいですが、克服できればお互いが幸せに暮らせるようになるでしょう。

「焦らず、ゆっくり、じっくりと」を合い言葉に、人間好きの猫ちゃんにしてあげて下さいね(*^_^*)

 

スポンサーリンク