あなたは、「猫が毎朝起こしにきてくれるけど、早すぎて……困ったなぁ」

「朝方に起こされるのは嫌だなぁ」と悩んでいませんか?

 

猫が早起きなのには理由があるのですが、その対策もあるんです

もしあなたが猫によって寝不足に悩まされているのなら、解決する方法もご紹介しますので、是非最後まで読んでみて下さいね(^o^)

猫は早起きなの?朝起きるのは何時くらい?

スポンサーリンク

猫は一般的に夜行性と言われていますが、

正確には薄明薄暮性(はくめいはくぼせい)』といい、主に明け方と夕方に行動する動物なのです。

夏と冬で起きる時間が違う?

私が飼っている猫は、8月ならだいたい4時半前になると私を起こしに来ます。

日の出前ですが、うっすら外が明るくなり始める時間帯ですね。

はまだ越していないので分かりませんが、

元々寒さに弱い猫はなかなか布団から出ないという話をよく聞きますので、部屋が温まってから起きる猫が多いのではないかと思います。

猫は目覚まし時計代わりになる?

毎朝猫たちが起こしにくる時間はかなり正確です。

我が家の場合は朝4時半に決まっていますので、猫が来てからは機械の目覚まし時計を使わなくなりました。

ただ、天気が悪くて太陽が出ていない日は寝坊する可能性もありますので、ご注意下さい!

起こしに来る時は飼い主に甘える=エサをおねだりしている?

普段はあまりベタベタしない我が家の猫三匹ですが、朝はとーっても甘えてきます。

ゴロゴロと喉を鳴らしながら頬をスリスリ、ペロペロ……

これは飼い主に愛情を示しているというよりは、「エサちょうだい!」という催促なんですよね(^^;)

猫を飼っている人の話を聞くと、エサのおねだりだけでなく「起こしに行けば飼い主が起きる」という行為そのものを楽しんでいるのではないかという説もあります。

猫に合わせて寝不足にならないための方法は?

スポンサーリンク

猫は可愛いけどやっぱり寝不足はツライ……こんな時にあなたが取れる選択肢は主に2つ

◆猫による寝不足を解決する方法

その1:猫に合わせて朝型生活にする(オススメ!)

その2:起こしに来る猫を完全無視して自分のペースに合わせる

それぞれどういう生活をすれば良いのか、詳しくみていきましょう。

猫と一緒に暮らし始めたら『朝型生活』を始めてみよう!

「朝型生活をしたくても何度も挫折しちゃった」という人は多いのではないでしょうか?

もしあなたがそんな経験を何度かしていたとしたら、猫を飼った今がチャンスです!

せっかく猫が起こしてくれるのだから、今すぐ朝型生活に切り替えちゃいましょう(^o^)

 

ただ、朝早く起きただけでは単に睡眠不足になるだけなので、『早く寝る』ことも重要です。

猫と遊ぶ時間まとめはこちら!

関連記事:猫が遊ぶ時間はどれくらい?遊ぶ時間がないときの対処法は?

こちらの記事でも書いたように、猫が疲れるくらい上下運動などで疲れさせておくと、夜は素直に寝てくれると思います。

朝4時半に起きるのであれば、21時過ぎくらいに寝るのが理想ですね。

始めのうちは早く寝ることに抵抗があると思うのですが、慣れれば朝型生活の素晴らしさを実感できること間違いありません!

◆猫と一緒に朝型生活をすることのメリット

「いったい朝型生活は何か良いの?」と思われたかもしれません。これは私が実感したことですが、目覚めの良さが全然違うんです。ただし、スッキリと目覚めるためにはやはり早く寝ることが大切。早寝早起きを続けると、同じ睡眠時間でも「沢山寝た気分」になれますよ^^

また、朝ご飯を食べたあとの猫は「のんびり」モードになっていることが多いです。会社に行く前に「猫の寝顔」を見てたっぷり癒されると、仕事を頑張ろう!という気持ちになれるんです(^o^)

仕事の関係で帰りが遅い人は、猫に生活リズムを合わせてもらいましょう

どうしても毎日帰りが遅くなって早く寝られないという人も居ると思います。

そんな時は、『猫に生活時間を合わせてもらう』ことが必要です。

 

猫は『朝、寝ている飼い主にニャーンと鳴くと起きてくれる』と学習します。

もしその時間に起きたくないのなら、いくら鳴かれようが噛まれようが完全無視するしかありません。

あまりに噛まれて痛いということなら、心を鬼にして寝室に入れないようにするしかないと思います。

布団にくるまって防御するのも有効みたいですよ。

起こしに行ってもかまってくれない……という事を繰り返し学習させれば、数日後には起こさなくなる猫が多いようです。

 

また、朝ご飯をあげる時間を決めましょう。

朝8時に起きたい人であれば、8時半にご飯をあげると良さそうです。

◆猫はお腹を空かせていても大丈夫なの?

ここで気になるのが、食事の時間を遅らせることによる「猫の健康」ではないでしょうか?

実は、問題になるのは空腹状態が続くことよりも、「食べる時間が毎日大きく変わること」なんです。

生活リズムを作るまでは大変かもしれませんが、「朝は8時、夜は21時」などとある程度食事の時間を決めておけば、猫の健康に問題はないと言えます。

まとめ

いかがでしたか?

大事なのは、自分の生活スタイルに合った対策を選ぶことです。

猫ちゃんは一緒に暮らしていると徐々にリズムが合ってきますから、焦らずに少しずつ変えていきましょう!

スポンサーリンク