2017年8月11日

初めて猫を飼う前に準備する物は?【必需品編】

今の我が家の状況

「あと6日後に猫ちゃんたちがうちに来る!!」

「はっ、猫用品まだ飼ってないなぁ、何から準備すりゃいいんだー(混乱)」

・・・ということで、今回は『猫を飼う前に必ず用意する猫用品』を調べてみました。

※この記事では、我が家に来る予定の「メス姉妹3匹、生後6ヶ月前後、避妊手術済み」の猫たちを想定しています。

 

スポンサーリンク

 

猫を飼う前に必ず用意するべき3アイテム

猫用品といっても様々ありますが、一度に準備するのはお金的にも時間的にも大変なので、「絶対に必要」という物から用意していきましょう。

①キャットフード+エサを入れるお皿

生きていくためにまず必要なものといえば「ご飯」ですよね。人間も猫も同じです。

疑問1:猫といえばキャットフード?生後6ヶ月の子猫(避妊手術済み)には子猫用か成猫用か?

基本的には市販のドライフードが良いそうです。そして子猫といっても、避妊・去勢手術前と後では違います。

手術前は「子猫用」と書いてあるもの、手術後は「普通の成猫用」が良いそうです。

理由は、手術をすると太りやすくなるため、子猫用を食べると栄養過多になってしまうからです。

疑問2:猫が来る前はどのキャットフードを、どれくらい買っておけばいいの?

具体的にどのキャットフードが良いかは、正直なところ『猫による』みたいですので……まず、口コミで評判の良さそうなものを数種類買っておき、少しずつ食べさせてみるのが一番かと思っています。

キャットフードは近くのスーパーやホームセンターでも市販されていますが、通販利用の飼い主さんが多いようですね。

私が利用しようと思っているキャットフード通販店は、次の2店舗。

ねこばたけ 販売ホームページ

ゴロにゃん 販売ホームページ

まず我が家の猫ちゃんたちの反応を見つつ、良いキャットフードがあればご紹介していきたいと思います。

選ぶ基準としては、「安すぎるものは選ばない(廃棄用の肉や穀物を大量に使用している)」「500グラム以下のパック」「保存料など添加物が少ないもの」「栄養バランスの取れたもの」というところです。

やはり猫それぞれ好みがありますので、好きなフードを見極めてから買い足すようにしましょう。

また、里親として他人から譲ってもらう場合は、それまで食べていたフードを少し分けてもらいましょう

疑問3:多頭飼いの場合は?お皿は分ける?

色々な飼い主さんの話を聞いていると、「始めは分けていたけど、結局一緒になった」というお話もよく聞きますね。

でもやっぱり最初は別々のお皿を用意しておいた方が良いかもしれません。実際に猫の様子を見ながら、一緒でも問題なさそうであれば変えてみようと思います。

お皿はペットショップなどで買うこともできますが、もし家に余っているお皿があればそれを使っても良いです。猫が食べるときにひっくり返したり移動したりしないように、大きめで重さのあるお皿が良さそうです。

水飲み用には、やや大きめの食器を頭数分用意しましょう。

②猫用トイレ+砂

生きるために必要な物、ご飯の次は「トイレ」です。身体に入れたら出す、これも人間と一緒ですね^^

疑問1:猫用トイレはどんな物?砂はどうやって選ぶ?

トイレ砂には数種類あり、「燃やせるゴミで出す物」「燃やせないゴミで出す物」「水洗トイレに流せる物」「濡れた部分が固まるもの」など用途は様々、どれにしようか悩みますね。

我が家はとりあえず、「濡れた部分が固まる砂」を選びましたが、実際に猫ちゃんが気に入って使ってくれるかは分かりません。

また猫砂もキャットフードと同様に、里親の場合は今までの飼い主さんから実際につかっていた砂を分けてもらうと良いです。自分の臭いがついているため、安心して使ってくれるとのこと。

トイレもとにかく色々試してみた上で、「猫にとって心地よく」「人間にとっても使いやすい」最高のトイレを見つけていきましょう!

トイレ本体については、私の場合は「排泄の様子」が知りたいため(※健康管理目的です)、まずは一般的な「箱形」を用意する予定です。

疑問2:多頭飼いの場合はトイレを何個用意する?

理想としては、やはり1匹ずつ用意するのが良いですが、たとえ3個用意しても同じ猫が同じトイレを使うとは限らないようです。

ただ1個というのは足りないでしょう。トイレが汚れていると部屋の中で粗相をすることがあるため、余計に手間がかかるとのこと。

疑問3:トイレはどこに置く?

普段人の通りが無く、寝床に近い場所に置きます。ただ、排泄物の様子やトイレの回数もチェックしたいので、いつでも「飼い主から見える場所」が理想だと思います。

③爪研ぎ

最も猫らしい特徴のうちの一つといえば、『爪研ぎ習慣』ですよね。

以前働いていた農家に居た猫は、小屋の柱がボロボロになるくらい爪研ぎしていました。

さすがに家の中でそんなことをされたらたまらん!というわけで、爪研ぎについても調べてみました。

疑問1:爪研ぎは人間が用意したものを使ってくれる?

猫は「自分にとって一番爪研ぎしやすい場所」を選んで爪研ぎしているようです。

もしその場所が『柱』だったとしたら、そこに爪研ぎ器を貼り付けると使ってくれるかもしれません。また壁で爪研ぎして困ってしまう場合は、壁をツルツルの素材にしてしまうという手もあるようです。

疑問2:爪研ぎは何個用意するの?買い替え頻度はどれくらい?

段ボール素材だと1~2年以内にはボロボロになるようなので、最初から2,3個用意しておいた方が良さそうです。

我が家では段ボール素材だけでなく、キャットタワーにロープを巻き付けたタイプや、カーペット素材など何種類か置いてみて猫の反応を見る予定です。

まとめ

初めて猫を飼う時は、あれもこれも一気に買おうとせず「これは生きるために必ず要るよね!」という物から用意すると良いですね。

デリケートな猫もいれば大ざっぱな猫もいるようですし、最低限の物をまず買った上で、それぞれの猫に合った物を見極めながら買い足して行くのが良さそうです。

特に多頭飼いの場合はそれぞれの猫の個性に振り回されそうです^^;

そんな時でも、常に『猫の気持ちを第一に』考えて、猫用品を買うようにしましょう!

 

スポンサーリンク