ロシアンブルーってどんな猫?性格・特徴・飼い方まとめ!

ロシアンブルーといえば、美しいグレー(ブルー)の毛並みが特徴ですよね。

他の猫種にはなかなか無い「気品」が漂っています。

 

この記事では、ロシアンブルーの性格・特徴・飼い方について詳しく解説します!

ロシアンブルーの性格

スポンサーリンク

ロシアンブルーは、「犬のような猫」と言われることがあります。

どういうことでしょうか?

人見知りするが飼い主には忠実、警戒心が強い

ロシアンブルーは警戒心が強く、神経質で臆病な性格の猫です。

そのため人見知りもしますが、慣れてくると飼い主には従順になります。

犬のような猫と呼ばれるのもこの従順さからきているようですね。

 

ただ、飼い主が他の猫を可愛がると嫉妬することもありますよ。

あまり大きな声で鳴かない

非常におとなしくめったに鳴かないことから、「ボイスレスキャット」とも呼ばれています。

しかし、実際に飼っている人の話を聞くと、良く鳴くロシアンブルーも少なくないようですね。

運動量が多く遊び好き

性格は大人しいですが、運動量は多い猫ですので、上下運動ができる部屋作りをすることが大切です。

飼い主が一緒に遊んであげることで、ロシアンブルーとの絆はより深まっていくことでしょう。

ロシアンブルーの特徴

ロシアンブルーは血統書付き(純血種)の猫ですが、血統が認められるには様々な特徴をクリアする必要があります。

ここでは、ロシアンブルーと認められるための「基本データ」などについて解説します。

ロシアンブルーの基本データ

原産国 ロシア
誕生年 1800年代
体重 2.2~5.0kg
ボディタイプ フォーリン
毛の種類 短毛種
毛の色 ブルー(グレー)
目の色 グリーン

 

関連記事:猫の種類を決める柄・模様は?被毛の色とパターン・長さを解説!

⇒「猫の被毛の色とパターン」と、「被毛の長さ」について解説しています。

ロシアンスマイルと呼ばれる口角が特徴

ロシアンブルーの顔はわずかに口角が上がっているため、笑っているような印象を与えます。

このロシアンブルー独特の表情は「ロシアンスマイル」と呼ばれています。

ロシアンブルーの起源・歴史

スポンサーリンク

ロシアンブルーはどのようにして産まれたのでしょうか?

ここでは、年代別にロシアンブルーの歴史を追っていきましょう。

 

ロシアンブルーの祖先は、北極圏に近いアルハンゲル島、またはロシア北西部の都市アルハンゲリスクの港で自然発生した猫であると言われています。

 

1860年頃 ロシアンブルーの原型が産まれる

 

ロシアの商船に乗ってイギリスに持ち込まれた猫が、イギリスや北欧のブリーダーの手に渡りました。

そこで、現在のロシアンブルーの原型が産まれたと考えられています。

 

イギリスに持ち込まれた当初は「アルハンゲルキャット」という名前で呼ばれました。

 

1875年 初めてロンドンのキャットショーに登場

 

1912年 「フォーリンブルー」という名前で登録される

 

ロシアンブルーは、第二次世界大戦後に数が激減しました。

そのため、シャムやブリティッシュショートヘアなどとの異種交配を行うことにより品種復活を果たしたのです。

 

このようにして、現在のロシアンブルーが産まれ・守られているのですね。

ロシアンブルーの飼い方

ここでは、ロシアンブルーを飼うための基本的な知識を押さえておきましょう。

 

キャットフード

キャットフード選びは猫が健康でいるためには重要ですが、初心者がいきなり最高の商品を見つけるのは困難です。

まずは、入手先(ペットショップやブリーダーなど)にお勧めのキャットフードを聞いてみるのが良いですね。

 

自分で選ぶなら、最低限次の3点に気を付けましょう。

 

1.穀物の摂り過ぎに気を付ける

猫は完全肉食動物ですので、穀物を摂りすぎるとアレルギーを起こすことがあります。

できれば「グレインフリー」と記載のあるキャットフードがお勧めです。

 

2.肥満に気を付ける

運動量が豊富な猫ですが、室内飼いでは運動不足になりがちなので、餌の量は抑えめにしておきましょう。

ポイントは、

 

・餌を与える時間と回数を決める

・餌が余らないようにし、余ったら処分する

 

一人暮らしで留守にするなら、自動給餌器を使用するのが良いですね。

 

3.尿路結石に気を付ける

猫は全体的に尿路結石になりやいのですが、ロシアンブルーは特に注意が必要です。

「クランベリー配合」のフードを選べば、尿路結石の予防にも役立つかもしれません。

 

※尿路結石については獣医師の判断を仰ぐのが大切です。

始めからあまり神経質になりすぎなくても大丈夫ですよ。

猫トイレ・砂

猫トイレは、ロシアンブルーだからといって特別な物を用意する必要はありません。

最も大切なことは、常にトイレを清潔に保つことです。

 

トイレの数や置き場所、掃除方法については以下の記事を参考にして下さい。

猫トイレの掃除方法と掃除回数は?洗う場所はどこが最適?

猫トイレの場所はどこが最適?数は何個?多頭飼いの場合は?

暑さに弱く寒さに強い

柔らかく密生した被毛を持っているので寒さには比較的強いですが、その分暑さには弱いです。

夏季はエアコンを使用し、熱中症にならないように十分な注意が必要です。

ロシアンブルーの寿命とかかりやすい病気は?

ロシアンブルーの寿命は10歳~13歳と言われていますが、健康管理を行えば15歳以上生きる確率は高くなります。

 

ロシアンブルーは遺伝的な病気は報告されていないので、一般的にかかりやすい病気に気を付けましょう。

 

・尿路結石

・糖尿病

・肥満

この3つには特に注意が必要です!

 

ロシアンブルーはこんな人にお勧め

ロシアンブルーは「飼い主に従順で賢い」性格であることから、以下の様な条件の人にお勧めです。

 

一人暮らしの人

ロシアンブルーは自立心が強いので、留守番の心配が少ない猫種です。

人見知りという性格であるため、来客が少ない傾向にある一人暮らしには向いています。

 

こちらではロシアンブルー以外にも、「独身女性」にお勧めの猫種を紹介してますよ↓↓

参考記事:【猫の種類】働く独身女性におすすめの品種・性格・選び方は?

 

猫初心者の人

ロシアンブルーはとても賢い猫なので、トイレや餌などの躾けは比較的簡単です。

警戒心は強いですが、慣れると飼い主に懐いてくれるので飼いやすい猫だと思います。

 

集合住宅に住む人

例外もいるものの、ロシアンブルーは鳴き声が小さい猫と言われていますので、アパートやマンションに住む人にもお勧めです。

ただ、運動量が多いので運動スペースの確保はして下さいね。

 

まとめ

いかがでしたでしょうか?

ロシアンブルーが魅力的な猫だということを分かってもらえたら嬉しいです^^

 

魅力的な猫はまだまだありますよ!こんな記事もお勧めです↓↓

茶トラ猫の性格や特徴は?オスが多い?飼うのに向いてる人は?

⇒茶トラ猫の魅力をたっぷり解説です♪

 

スポンサーリンク