2017年8月8日

猫カフェ経由で猫の里親になれるの?その方法と手順は?

今日は、猫の里親になりたいと考えているあなたに、私aonyanが「猫カフェで里親猫を探してみる」ことをご提案します。

実際に私がどのように猫カフェ経由で里親になることができたのか、手順もご紹介します。

スポンサーリンク

猫カフェで里親捜しができるの?

「猫カフェ」と聞くと、猫好きの人が気が向いた時に猫と遊びに行くだけ、というイメージをお持ちかもしれません。

実は私もそうでした。でも“普通の猫カフェ”でも里親になれる方法があるんです。

それは主に以下の3パターンです。

1)お店の壁や窓に貼ってある里親募集の張り紙で探す

これは、猫カフェが直接募集するのではなく、里親募集をしている飼い主が猫カフェに依頼して張り紙を出すパターン。

だいたい外を歩く人がぱっと見やすい位置に貼っているはずです。

この子が気になるな~と思ったら、そこのお店に入って相談すれば良いので安心ですよね。

2)猫カフェ運営のブログで探す

大方の猫カフェでは公式ブログを運営していると思います。

そこに里親猫を紹介しているパターンも多いですから、好きな子を見つけるためにも常にチェックしておきましょう。

3)猫カフェ常駐の「スタッフ」から探す

そのお店に長年居る“看板猫”は無理かと思いますが、まだ猫カフェに来てから1年~2年くらいであれば、譲ってくれる可能性もあります。

どうしても気に入った子が居たら相談してみてはどうでしょうか?

保護猫カフェも存在します

近年は、はじめから保護猫の譲渡を目的とした『譲渡型猫カフェ(保護猫カフェ)』も沢山出てきています。

もしかしたらこちらの方が猫の数も多く、探しやすいかもしれません。

里親になる方法と手順は?

スポンサーリンク

それは分かった、でもどうやって里親になりたいって言えばいいの?タイミングは?お金は?という疑問が出てきますよね。

ここでは、私の事例を紹介しつつ、あなたが猫ちゃんを迎え入れるまでの流れをご説明・提案していきます。

1)まず、猫カフェのスタッフ(できれば責任者)に直接聞いてみましょう!

張り紙をみた、ブログを見た、気に入った猫スタッフが居る……こんな場合は、猫カフェの責任者に直接相談するのが早いです。

もし行く前に確認したいということなら、電話をしてみるのも良いでしょう。ブログから問合せするのも良いですね。

私の場合は、お店のブログを見て欲しい子猫が載っていたため、直接猫カフェに出向きました。

「あの子はどうしたら譲ってもらえますか?」と聞いてみれば、詳しく教えてくれます。

因みに、そのブログに載っていた子猫は飼い主さんが溺愛しているという情報を得たため、諦めることにしたんです。

その代わり、お店の張り紙にあった「里親募集」の子猫3匹はどうですか?と紹介され、その子たちと会うことになりました。

2)猫カフェが仲介役になり、猫を里親に出したい飼い主と話し合います

この場合、猫カフェは「仲介役」となり、譲渡希望のあなたと飼い主さんが直接話すことになります。

もしかしたら猫カフェによっては飼い主さんと会わせないかもしれませんが、いずれにしても希望の猫ちゃんとはこのタイミングでご対面することになるでしょう。

ここで確認したいのは以下の3点です。

①猫とのフィーリングはどうか?

まず一番大事なのは、「あなたがその猫と初めて会った時の直感」です。これが案外難しいのですが……。

里親募集の張り紙は太陽光ですすけたり、撮影場所が暗くて実際よりも毛の色が濃く写ることが多いです。

ですから、実際に会った時イメージと違う!と思うかもしれません。

それでも、「絶対欲しい!」「この子は何か嫌だな……」という感情は必ず湧いてくるはずです。

②飼い主さんはどんな人か?

猫だけでなく、譲渡猫の飼い主さんがどんな人か、確認しましょう。

猫にたっぷり愛情を注いでくれたかどうか、気になることは心置きなく聞いてみて下さいね。

やましいことが無ければ何でも答えてくれるでしょうし、私に譲渡してくれた飼い主さんはとても優しい目をしておられました。

③譲渡の条件はどんなものがあるか?

譲渡猫の飼い主や猫カフェの方針によっては、譲渡の『条件』が違ってきます。

私の場合は、次のような条件が提示されました。(※一例です)

 

 ・60歳以上の方は後継人を立てること

 ・避妊手術を必ず行うこと

 ・必ず室内で飼うこと

 ・長期間の外出予定がないこと

 

この他にも、「トライアル制度」を設けている猫カフェもありますので、それぞれ確認してみて下さい。

3)必要書類に目を通しサイン、譲渡の約束をします

里親になる猫が決まったら、契約書にサインします。

ここでは、やはり半端な気持ちのままサインしないことをお勧めします。

猫は今や20年近く生きるのですから、あなたには最期まで見届ける覚悟が必要です。

また費用も相応にかかりますので、迷っていたら今一度考えてみてくださいね。

4)子猫であれば避妊・去勢手術を行い、引き取り日を決めます

避妊・去勢手術を猫カフェが行うのか、自分で行うのかは契約によって変わると思いますが、私の場合は猫カフェ側が行うことになりました。

契約してから手術をするまでに1週間~2週間、メス猫はオス猫よりも手術に時間がかかります。

また術後2週間前後は安静にしなければいけませんので、引き取るまでには3週間近くかかると思って下さい。

『引き取りOK』の連絡がきたら、いよいよ猫ちゃんをお出迎えです!

まとめ

以上が、猫カフェ経由で猫の里親になる方法と手順でした。

猫が欲しい、でもどうして良いかわからない……と思ったら、あれこれ一人で悩んでいるよりも、まず「聞いてみる」ことが第一歩になるでしょう。

スタッフは猫の専門家、色々教えてくれます。

まずは人間同士から『信頼関係』を築いていくことが大切ですね。

【追伸】

譲渡の手順・条件・費用などは猫カフェによってそれぞれ違います。この記事の内容は一例として参考になれば嬉しいです。

スポンサーリンク